文字狂い

オタクにもサブカルにもなににもなれずに死ぬ

20180519

日本人って奥ゆかしいわ。何もかも、つまんないことを続けるという蒸し暑い砂漠の中で何かしら花とか水とか得ないと生きていけない状況に自ら強いているであるわ


「誰某は砂漠じゃなくてオアシスに生きている!」とか「あいつ勝手に花みつけてやがる!」みたいな告げ口が常に多いけど日本に生きている以上、いやこの世に生まれた以上オアシスなんてないだろう あったとしても幻想とか妄想だし

 

社会人という考え方も日本教育の一方通行加減も、おかしいと言えばおかしいけども変えては海外に侵攻されて形骸化されたも同然だろう、と私は思う

 

日本に生きている以上、この仕組みがおかしいと反抗するまでが様式美ということになっていて皆変えたくても大きく変えずに今までやってきた、ひとえに蒸し暑い砂漠の中で一本の曼殊沙華を見つけるために我々生きているのである。

 

毎日同じ所に同じ手段で行き同じ顔を見て同じような作業をし同じような飯を食い同じような時間に帰り同じようなことを考え同じような生活をするこの無間地獄

 

所替えしようが行きつく所は皆最初から決まっていて皆それを知っていてその道を選ぶのであるわ

 

その中で例えば”今日の弁当の梅干しよく漬かっているな”というしょーもない感動のためだけに日本人は日本という牢獄の中に生まれてきたのであるわ

 

でもとか言うな! 現実は正解なのである

でも現実は覆る あまりにも謀反者が多ければ

でも今挙げた無間地獄の根本を変えて己等幸せか

 

日本に生まれたからには、日本という風土に染み付いた呪いが既に伝染しているのである、我々はそれから逃れることはできない……できないのであるわ