文字狂い

オタクにもサブカルにもなににもなれずに死ぬ

20180723(2)

ちゃんと日記を書こうと思う。

パート先の人たちにあんまりにも新卒(厳密には第二新卒と言うのか)での就活を勧められるので、ちょっくら本気になって就活しようかなと思っていたけどやめた。

なぜなら去年から10キロ太ってしまいスーツが入らないからである。スーツなしでどうやって新卒入社すればいいのか。

それに私は今もあんまり調子が良くない。パート先で暴発しないでいることが凄い。そもそも暴発しそうになっている時に帰ることができているのがいいんだけど。

何より正社員になること、私にとってはあんまりいいとは思えない。なんでと言われたらそんなにかっちりとした答えはないのだけれどもきちんとした人間になることが私にはどうしても難しい。目指すべきところはそこだとしてもね。

例えば私は絶対に家事をやらない。一日の中で何かしら活動したらもう何もしたくない。自分への世話だとしてもやりたくない。風呂に入るだけで凄く偉いと思っている。これ以上のことはしない。もし家事をすることになったのなら、家事だけする。働きながらだとか子供を育てながらだとかは無理。風呂に入り損ねて三日の私が握ったおにぎりをあなた食べられますか?って話。

そう考えるとどこの玉の輿に乗れば親が安心するのだろうか。

身の丈に合うことを全力で考えて人生設計を何度してみても、今以上の生活はない。彼氏によって絶えず愛を受け、友達とかサークルの人たちによって適度に承認欲求も満たされ、そこそこお小遣い稼ぎができている。今の生活が一生続くわけはない。いつかどこかが破綻するだろう、しかし破綻した時にこそ考えるべきであってそれは今じゃない。

つい最近まで頭が目出度かった。とある文学賞に作品を出したのでその賞をとったら賞金何にしようかで頭がいっぱいだった自分を殴りたい。自分はいっぱしの消費者でしかない。生産者にはなれない。その自覚が甘い。自覚は甘いけど、他人からの私への評価って結構辛口なような気がする。なんで私の連れに関して文句を言うのか。なんで私が言葉足らずだということに問題が帰結するのか。みんな手放しでほめてくれよ。私はいつだって真摯だ!