文字狂い

オタクにもサブカルにもなににもなれずに死ぬ

ウラヌスに限らない

https://mojihype.hatenadiary.jp/entry/2019/09/23/144241

リベンジする。本当は、ヘテロでもホモでも恋愛の話をあけすけに語り尽くしてはダメだよね、みたいなことを言いたかった。あと不倫がいま話題なので言及するが、不倫が発覚したときほど周囲の人間とか言及せざるを得ない身分の人間の底の厚さが暴露されますよね。

この記事は公開する一週間前くらいに書こうと思って書けなかったので、その時の意思がまったく思い出せない。

思い出した。わたしは、恋愛対象外に好意を持たれた時ほど苦痛なことはないのだが、ホモの方々そこらへんの問題にぶち当たりすぎて切ないな~となんとなく思っていた。

人に好かれると、大体の行動に対する眼差しが全自動的に好ましく思われる、それは恐ろしいと思っていた。そういう心のありようはキモい。こっちもその人のことが好きで、つまり利害が一致したら、それなりにコストを払うけどそうじゃない場合ただただ生きづらさがつきまとう。

しかし、恋愛対象外の相手を「恋愛対象外だから」という理由で相手の批評をやめてないだろうか。という指摘も頷ける。それに、そもそも恋愛をわれわれは型通りにやりたがっているものだが、恋愛に体系や傾向を見いだしていたら全て不幸な結果に終わるだろう。自分の好きなものだけがこれからも自分とうまくやっていける好きなものだろうか?

わたしたちはみなそれぞれにちがうので、あのようにやろうと思ってもうまくいくはずがない。自己実現と一緒で、自らのやり方で、自らの能力のみで、誰も見たことがない景色を見に行くのだ。

その場合、ヘテロやホモなんかで縛られてたまるかという気にならないだろうか。

精子が他の精子に競り勝って卵子に着床するようにわれわれもいまここでそれをやるのだ。受精しなくていい。傷つけあうことがすべてだから。

だから、今日からわたしはわたしに向けられた好意は大事に扱おうと思いましたよね。